1. TOP
  2. タマゴサミンのiHA(アイハ)でひざ痛・ひじ痛・関節痛を改善!

タマゴサミンのiHA(アイハ)でひざ痛・ひじ痛・関節痛を改善!

 2016/09/28 健康   100 Views

ひざ痛、ひじ痛、腰痛、関節痛でお悩みの中高年の方、加齢とともにこんなことはありませんか?

また、あなたのおじいさんやおばあさん、お母さんにお父さんは大丈夫ですか?

タマゴサミンのiHA(アイハ)でひざ痛・ひじ痛・関節痛を改善!

 

  • 階段を上がったり、立ったり座ったりするのが大変になってきた
  • 段差やちょっとした凸凹道で躓かないか不安になることがある
  • 長い時間歩くのに躊躇しがち
  • アクティブに動きたい本心とは裏腹に体がついていかない
  • 年を取るとともに思うように体が動かなくなってきた
  • ひざの痛みが原因で友達の誘いも断りがち
  • 関節痛を知っている家族に対しても遠慮がちになってきた

少しでも痛みが改善され昔みたいに歩くことができたならとてもハッピーな気持ちになれますよね。

近年、様々なサプリメントが販売されていますが、関節痛に効果があると言われている成分ってご存知ですか?

まずは、成分の効果・効能を見ていきましょう。

いま、いちばんおすすめしたいさぷりめんとはいちばんさいごにおおしえいたしますね!

関節痛に効果があると言われるサプリメントの成分と効果・効能

関節痛を和らげる効果・効能があるとされている成分の主なものには、

「グルコサミン」「コンドロイチン」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」などがあります。

これらの成分は軟骨の一部として存在するもので、関節痛解消のためのサプリメントとして数多くの製品に含まれています。

そして、最近の研究で新たに発見されたiHA(アイハ)が特に注目されています。

iHA(アイハ)はクッション成分の体内の生産量をサポートしてくれます。

グルコサミン

グルコサミンは、糖にアミノ酸が結びついた単糖類の一種で、コンドロイチンの構成成分でもあります。人の軟骨の成分の一つで、自然界ではカニやエビ、貝の殻、動物の骨などに多く含まれています。

【効果・効能】
海外の研究結果によると、「初期や中期の変形性ひざ関節症」、つまり、ひざ関節の劣化や変形がひどくない状態であれば痛みを和らげる効果があるとされています。しかし、関節の破壊や変形が進み重症化した変形性ひざ関節症や、慢性的なひざの痛みに対しては、ほとんど効果が見られません。

グルコサミンには、すり減った軟骨を補修したり、新たに作り出すような効能はなく、痛みの元となっている関節組織の炎症を抑える効果によって痛みを緩和していると考えられています (※軟骨などの血管が通っていない組織には、口から摂取した成分は浸透しないため、一度壊れた組織は再生しないというのが定説です。将来的にはiPS細胞などを使った再生医療によって軟骨も再生できるようになると期待されています)。

グルコサミンはえびやカニに含まれるキチン質が原料であるため、甲殻類にアレルギーがある人は注意が必要です。また、糖であるため血糖値などに影響が出る可能性もあります。

コンドロイチン

コンドロイチンは多糖類で、たんぱく質などと結びついて、軟骨、皮膚、脳など多くの組織にに存在しています。

【効果・効能】
グルコサミンと同じく、初期や中期の変形性ひざ関節症の痛みを和らげるとのデータがあります。重症や長期の患者に対しては効果が見られないという点でも同様です。
グルコサミンよりも効果が出るのに時間がかかり、有効ではないとの研究結果もあり、評価が定まっていません。

コラーゲン

たんぱく質のひとつで、体の成分として、皮膚、骨、軟骨、腱、靭帯などあらゆるところに存在しています(全たんぱく質の約30%)。そのうち約20%が骨や軟骨にあると言われています。
ゼラチンの主成分で、化粧品、医薬品などにもよく用いられています。

【効果・効能】
コラーゲンは保湿効果が極めて高いタンパク質であるため、皮膚からの水分の蒸発を抑えて肌の潤いを保つ目的の「化粧品」としての効果は非常に高いです。しかし、サプリメント商品の宣伝文句でよく見られるような、「皮膚の張りを保つ」、「関節の痛みを改善する」といった効果については医学的な効果・有効性は認められていません。

コラーゲンは牛や豚などの動物の組織から抽出する動物性コラーゲンや、魚が原料の海洋性コラーゲン、植物由来の植物性コラーゲンなどがあり、これらにアレルギーのある人は注意が必要です。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は軟骨や関節液に含まれている成分です。
関節液は、関節に滑らかさと弾力性を与えて関節がスムーズに動くのを助る働きがあり、主成分のヒアルロン酸が加齢で不足すると軟骨がすり減って炎症・痛みのもととなります。そのため「ヒアルロン酸の注射」は、ひざ痛に有効な治療法としてよく行われています。

しかし、「飲むヒアルロン酸」などのドリンク類やサプリメントでは、医学的な効果は認められていません。
コラーゲンと同じく、アレルギーを起こしやすい人は摂取に注意してください。

iHA(アイハ)

「iHA」はたまごから発見された新しい成分で、卵黄ペプチドの一種です。たまごはたった21日間で生命が生まれる奇跡のカプセルで、生命に必要な栄養素、機能がすべてつまっています。 「iHA」は、そんな命の源から抽出した、生命力あふれる成分です。

私たちの体に必要なヒアルロン酸は体内で生成され、それが活動により分解されるというしくみを繰り返していますが、歳を取るにつれ代謝が低下すると、ヒアルロン酸を生成する細胞の量が減少し、ヒアルロン酸の生成力が弱まっていきます。その結果、ヒアルロン酸は歳とともに減少します。

最新の研究結果で、「iHA」は、体内でヒアルロン酸を生成している「軟骨細胞」「線維芽細胞」という2つの細胞を増殖することがわかっています。ヒアルロン酸を生成する細胞を増殖することにより、体内でのヒアルロン酸産生量を増やすことが出来るのです。

膝関節痛を有する方51名に膝の痛みを評価するアンケートテストを3種類(JOA、WOMAC、VAS※)実施したところ、いずれのアンケートにおいてもiHAの摂取により関節の痛みが軽減されることがわかりました。さらに、iHAの摂取量が多いほど、早目に痛みの軽減が体感できる傾向があります。

ttl_news_iha

膝関節痛を有する方51名に膝の痛みを評価するアンケートテストを3種類(JOA、WOMAC、VAS※)実施したところ、いずれのアンケートにおいてもiHAの摂取により関節の痛みが軽減されることがわかりました。
さらに、iHAの摂取量が多いほど、早目に痛みの軽減が体感できる傾向があります。

摂取量の違いによらずiHA摂取群では、 痛みや、動作の容易さが改善されています

摂取量の違いによらずiHA摂取群では、痛みや、動作の容易さが改善されています

摂取量の違いによらず、iHA摂取群では 「膝の痛み」や「日常生活の困難度」が 改善されています

摂取量の違いによらず、iHA摂取群では「膝の痛み」や「日常生活の困難度」が改善されています

iHAの摂取により膝の痛みが改善されています。さらに、摂取量が多いほど、大きく改善が見られます。

iHAの摂取により膝の痛みが改善されています。さらに、摂取量が多いほど、大きく改善が見られます。

引用 : https://www.everlife.jp/

\ SNSでシェアしよう! /

ミセス・ビタミン | イキイキとキレイで素敵な女性でいたい!の注目記事を受け取ろう

タマゴサミンのiHA(アイハ)でひざ痛・ひじ痛・関節痛を改善!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセス・ビタミン | イキイキとキレイで素敵な女性でいたい!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

以下の関連記事もご覧いただけますと幸いです。

  • 【ドライアイ涙】女の涙は年をとると“質”が変わる!?

    【ドライアイ涙】女の涙は年をとると“質”が変わる!?

  • bread

    【ご存知ないですか?】奇跡のパン屋と呼ばれる美味しいパン屋7選

  • 【女性も急増】臭いが変わったら要注意!?ミドル脂臭って?

    【女性も急増】臭いが変わったら要注意!?ミドル脂臭って?

  • 【酵素特集】ドリンク・サプリメント・スムージーおすすめ酵素食品

    【酵素特集】ドリンク・サプリメント・スムージーおすすめ酵素食品

  • 歯磨きする乳児

    虫歯の無い子供に育てる方法【文末に子供の虫歯予防の新常識あり】

  • 加齢臭が鼻をつく

    女性が嫌っているのを知らない、あなたの加齢臭を劇的に消す裏技5つ