自動車事故の相手が仕事で運転中の車両は損害額が大きくなる可能性
  1. TOP
  2. 自動車事故の相手が仕事で運転中の車両は損害額が大きくなる可能性

自動車事故の相手が仕事で運転中の車両は損害額が大きくなる可能性

自動車事故の相手が仕事で運転中の車両は損害額が大きくなる可能性があります。

タクシーや運送会社のトラックは自動車を運転する事が仕事ですので、仕事を止めてしまうその間に稼ぐ予定だった金額を補償させられるのです。

この様な車両は毎日動く前提で考えられていますので休業している間の補償は大きくなる可能性があるのです。

ある事故では、相手の軽トラックが乗せていた荷物が重要でした。

そのトラックが運んでいたのは工場に運ぶ電子パーツだったのですが、事故の影響で配達が遅れてしまいました。

すると、依頼した工場から損害賠償を請求されてしまったのです。

その電子パーツは、納期に間に合わないとクライアントから契約不履行の損害金を請求される契約の注文だったのです。

例え、ほとんど納品が完了していて契約した数量のほんの一部が遅れたとしても、契約は契約なので損害金を支払う必要が出てしまいました。

その損害金は軽トラックの運送業者に周り、そして事故の当事者である自分にも責任が発生してしまうのです。

こうして軽い接触事故でも、多額の対物補償が発生してしまう事もあります。仕事で動いている自動車は、その背景に巨額の損害を抱えている可能性があるのです。

対物賠償保険ではこの様な予測出来ない損害を補償する事があります。

自動車事故では様々な事が起きて、色々な損害が発生してしまう可能性がある事を覚えておく必要があるでしょう。

まさに万が一に備える保険が役に立つ瞬間とも言えるでしょう。

自動車保険を見直したい方へ

⇒ 【無料】最大19社の自動車保険の一括見積もりはコチラ

愛車を高く売りたい方はコチラ

車を売るなら、車買取・中古車査定の一括査定を使いましょう!複数の買取専門店に査定してもらえば愛車の買取相場がチェック出来ますよ。少しでも高く売りたいのなら絶対お勧めです!

⇒ 愛車を高く売りたい方はコチラ

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ミセス・ビタミン | イキイキとキレイで素敵な女性でいたい!の注目記事を受け取ろう

自動車事故の相手が仕事で運転中の車両は損害額が大きくなる可能性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセス・ビタミン | イキイキとキレイで素敵な女性でいたい!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

以下の関連記事もご覧いただけますと幸いです。

  • 人身傷害保険が一番手厚く家族への補償~自動車保険の豆知識~

  • 自動車保険契約での街の保険屋とネット保険の違いとは?

  • 技術開発による自動車事故の発生率の低下はあるのでしょうか?

  • 自動車保険の等級制度が設けられている理由と保険料との関係とは?

  • 少子高齢化による自動車保険加入者の減少と自動車保険の値上げ

  • 自動車保険の内需減少の未来