1. TOP
  2. 【凄い!】オリーブオイルお勧めポイント<美容と効能と使い方と>

【凄い!】オリーブオイルお勧めポイント<美容と効能と使い方と>

「オリーブオイル」をご存知ですか?

様々な料理やスキンケア用の化粧品に使われることも多いですから、知らない人はいないでしょう。

インターナショナル・オリーブ・カウンシル」が2015年に実施した料理をよく作る人2231人へのアンケートによると97.2%の2168人の方が「オリーブオイルを知っている」と答えています。

オリーブオイルお勧めポイント

しかし・・・

オリーブオイルの品質。つまり純度の高い商品についての質問については、8割の方が間違った認識を持たれていることがわかったそうです。

つまり、知っているようで知らないのが、この「オリーブオイル」なのです。

今回は「オリーブオイル」のオススメしたいポイントに絞ってまとめたいと思います。

特に「オリーブオイルと健康」「オリーブオイルと美容」ここにスポットを当てたいと思います。

Sponsored Link

このページの目次

オリーブオイルが世界を健康に変える!?

1904年アメリカ、コロラド州で生まれで、2004年11月にちょうど百歳で亡くなったアンセル・キーズ博士という方がいらっしゃいます。

アンソニー・キース博士

アンソニー・キース博士は、ミネソタ大学の生理学者で心筋梗塞や狭心症など虚血性心疾患と呼ばれている心臓病発症の主な要因・原因が血液中のコレステロールであることを、世界で初めて実証した科学者です

また、バターや肉に含まれている飽和脂肪酸と呼ばれている脂肪がコレステロール上昇の原因になっていることも突き止めました。

この事から、「ミスター・コレステロール」とも呼ばれた人物です。

第二次世界大戦後の1950年ごろのアメリカでは、「虚血性心疾患」が死因のトップで、大きな社会問題となっていたそうです。

大戦後のヨーロッパの各国では貧困飢餓が続いていた関係で心疾患は劇的に減ったり、イタリアなどの地中海の周辺国では、心臓病発症自体が極めて少ないこともわかりました。

このことから、日本も含めた7カ国研究と呼ばれる大規模な疫学研究を開始されたのです。

キース博士の7カ国研究

キース博士の7カ国研究

1958年に着手された、キース博士をリーダーとした7カ国研究では、ギリシア、イタリア、旧ユーゴスラビアなどの地中海諸国、オランダ、フィンランド、アメリカ、そしてアジアからは日本の7カ国、計16地域から12,000人が参加して行われました。

研究開始後10年間で、

  • 高脂肪食にもかかわらず血清コレステロール値が低い
  • 冠動脈疾患死も少ない
  • 心臓病に起因する死亡率が地中海沿岸諸国が最も低い

という結果を導きました。

そして、地中海沿岸諸国がアメリカや北欧諸国の食習慣の大きな違いは

  • 地中海沿岸諸国がオリーブオイルを主たるエネルギー源にしている
  • アメリカや北欧諸国では、肉やバターなどの動物性脂肪を過剰に摂取している

この結果、

  • コレステロール値が高いと、血管の内腔が狭くなる動脈硬化が起こりやすく
  • 心筋梗塞や、脳こうそくなどの心臓血関係の病気を引き起こしてしまう

と説いたのです。

キーズ博士らの研究によって、心臓病は食事の改善によって避けられるという事を調べあげた最初の科学者となったのです。

そして、「地中海地域の伝統的な食事法」が注目され「地中海式ダイエット」が世界中に広まったのです。

地中海地域の伝統的な食事法の「地中海式ダイエット」

まずは、これを抜きにはできない、時代背景から見ていきたいと思います。

調査研究がおこなわれていた1960年当時の南欧諸国では社会的貧困から肉中心の生活環境ではなかったことが最大の要因のようです。

地中海地域の南欧では、貧しいがゆえに、獣肉などは滅多に食べる機会がなく、穀物、野菜、果物、豆類などの植物性食品を中心に特産であったオリーブオイルをベースとし、乳製品のチーズや、魚介類が加わって、これらの食物が心臓病やがんの発生を予防していたのです。

この当時、地中海地域の平均余命が世界最高であり、南欧諸国の社会的貧困を考えたとき、この結果は世界中で驚きをもって迎えられました。

「地中海式ダイエット」と呼ばれた1960年始めのギリシアのクレタ島や南イタリアの伝統的な食事法が以下の図です。

地中海式ダイエット

これは、第二次世界大戦の終了後、WHO(世界保健機構)などによって世界規模の疫学調査、臨床試験の結果、栄養学的に最良の食事として導き出されたものと共通することとなりました。

「地中海式ダイエット」のピラミッド構造

先ほどご紹介した図は、全部で9層の食物グループ+運動で構成されています。

パッと見ただけで、なんとなくわかりますよね。

  1. 食事中に適量(グラス1-2杯)のワインを飲む
  2. 獣肉の摂取は少量にとどめる
  3. 魚介類を中心に食べる
  4. 主な脂肪源として、オリーヴオイルを日常的に使い、低脂肪の乳製品(チーズ、ヨーグルトな
  5. ど)は、毎日適量摂取する
  6. 季節の野菜と果物、また穀物など植物性食品を豊富に摂る
  7. 毎日適度な運動をする

キーズ博士らの研究によって世界中に広まった「地中海式ダイエット」は、当時の地中海沿岸の生活習慣そのものが健康な体の形成に役立ったと言えます。

なんとなく漁業や農業に従事している日本人の習慣に近い感じですよね。

そもそも、日本人の食生活には獣肉とは無縁でしたから心臓病や生活習慣病などもなかったわけですが、現代社会においてはまずは食生活を含めた生活習慣の改善が第一という事でしょう。

はじめに、書きましたが、日本人の多くは、まだまだオリーブオイルについての理解が進んでいません。

次では、オリーブオイルの成分について見ていきます。

オリーブオイルの成分と健康への効果・効能

植物油の成分と脂肪酸中の成分を「文部科学省 五訂増補日本食品標準成分表」からチョイスしてみました。

成分表

成分表

こ゚の成分表の中で注目したい点は「オレイン酸」と「リノール酸」です。

「オレイン酸」の特徴

オレイン酸は酸化しにくい性質が知られています。また、最大の特徴として、血液中の善玉コレステロールには作用することなく、悪玉コレステロールだけ取り除いてくれる働きをしてくれます。つまり、悪玉コレステロールを排除してくれますから

  • 動脈硬化
  • 心臓病
  • 高血圧

に効果的だということです。体内でも合成されますが食品からの摂取も期待大なんです。

「リノール酸」の特徴

人体での合成が出来ない必須脂肪酸のひとつで、食用油以外の多くの食品にも含まれています。
その為、現代社会においては過剰摂取が気がかりとなっています。
リノール酸はオレイン酸と異なり、悪玉コレステロールのみならず、善玉コレステロールも取り除いてしまうため、摂取しすぎることで

  • 動脈硬化
  • 心臓への負担
  • 心筋梗塞
  • 血栓

などが心配されているのです。

また、肥満の原因にもなりかねません。

必須脂肪酸なので食品から摂取することが求められますが、オリーブオイルにはバランス良く配合されています。

今一度成分表を見比べてみましょう。

オリーブオイルは、その他の成分として

  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンK
  • ビタミンE(特に多い)
  • βカロチン(抗酸化物質)
  • ポリフェノール(抗酸化物質)

などが含まれています。

抗酸化物質は細胞の老化を防ぎ、体の内側から若さを保つ働きがあります。

脂肪酸中の成分表

脂肪酸中の成分表

脂肪酸は大きく

  • 飽和脂肪酸
  • 不飽和脂肪酸

の二つに分離されています。

「飽和脂肪酸」の特徴
血液中のコレステロール値を高める働きがあります。

「不飽和脂肪酸(一価不飽和脂肪酸と多価飽和脂肪酸)」の特徴
血液中のコレステロール値を低める働きがあるといわれています。ただし、多価不飽和脂肪酸(リノール酸やリノレン酸)を過剰に摂取してしまう事で先ほど書いた、悪玉コレステロールのみならず、善玉コレステロールも取り除いてしまう事になるのです。

オリーブオイルに期待される効果と効能

1.悪玉コレステロールをコントロールすることで

  • 心臓疾患に効果的
  • 高血圧に効果的

2.抗酸化作用により

  • 痴呆症防止に効果的
  • 老化防止に効果的
  • アンチエイジング効果

3.胃に負担がかかりにくい性質な事から

  • 胃炎や胃潰瘍の治療にも使われていました
  • 腸の働きの活性化
  • 便秘にも効果

4.オレイン酸などの不飽和脂肪酸は人の皮膚に近い組成を持っているため

  • スキンケアの効果
  • ヘアケアの効果

5.食材として用いることで

  • 角質層の乾燥を防ぐ
  • しっとりとした肌を保つ

6.直接皮膚などに用いることで

  • 角質層の乾燥を防ぐ
  • しっとりとした肌を保つ

など、様々な効果・効能が期待できると言われています。

食しても良し、塗っても良しの成分なので明日からオリーブオイルのある豊かな生活に切り替えてもいいでしょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセス・ビタミン | イキイキとキレイで素敵な女性でいたい!の注目記事を受け取ろう

オリーブオイルお勧めポイント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセス・ビタミン | イキイキとキレイで素敵な女性でいたい!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

以下の関連記事もご覧いただけますと幸いです。

  • 顔のむくみ

    顔のむくみの原因と顔のむくみをとる方法&手足のむくみもね!!!

  • ビタKレッドXトナー

    赤ら顔化粧水・ビタKレッドXトナーから赤ら顔ケア用化粧水新発売

  • タマゴサミンのiHA(アイハ)でひざ痛・ひじ痛・関節痛を改善!

    タマゴサミンのiHA(アイハ)でひざ痛・ひじ痛・関節痛を改善!

  • 【ホットヨガスタジオ保存版】ホットヨガで女子力アップダイエット

    【ホットヨガスタジオ保存版】ホットヨガで女子力アップダイエット

  • 加齢臭が鼻をつく

    女性が嫌っているのを知らない、あなたの加齢臭を劇的に消す裏技5つ

  • 看護師転職サイト

    看護師の求人・転職サイトを使って給料・年収アップする方法とは?