1. TOP
  2. 女性が嫌っているのを知らない、あなたの加齢臭を劇的に消す裏技5つ

女性が嫌っているのを知らない、あなたの加齢臭を劇的に消す裏技5つ

 2016/08/15 健康 夫婦 特集 美容   885 Views

あなたは、職場の同僚女性に嫌われているかもしれませんね?

自分では気づかないけれども、体臭、加齢臭がまわりに放出しているのです。
加齢臭は本来40歳を過ぎた頃から発生するものです。

加齢臭という言葉が世間に拡散して10数年。

すべて加齢臭だと思い込んではいませんか?

実は、30代から40代にかけての年代で、ただの汗臭さや加齢臭とは違う、別の第3の体臭がが発見されました。

男性化粧品メーカのマンダムが2013年に発見し「ミドル脂臭」と命名されました。

ミドル脂臭でも加齢臭でも、このページをご覧いただき、「加齢臭を劇的に消す裏技」で、今すぐ対策をすれば、あなたの潜在的な悩みを解決できるでしょう!

加齢臭が鼻をつく

大切なポイントは5つ

  1. 正しい体の洗い方をご存知ですか?
  2. あなたにあったボディシャンプーを使っていますか?
  3. 正しい食生活をしていますか?
  4. 正しい生活習慣をしていますか?
  5. 洗濯用洗剤の選ぶポイントをご存知ですか?

大切な事は、日々の積み重ねですから、1日や2日で改善されるものではありませんが、継続すればそれなりに実感のできる事なので諦めずに行っていきましょう。

Sponsored Link

あなたの加齢臭を劇的に消す裏技5つ

いよいよ、具体的な対策について説明しますね。

1.正しい体の洗い方をご存知ですか?

男性なら、タオルにボディシャンプーをたらして泡立て、ゴシゴシと気合入れて洗う人が多いと思います。

この、「ゴシゴシ洗い」は皮膚を傷つけるだけでなく、皮脂がさらに分泌してしまう悪循環を起こしますのでまず今日から病めるようにしましょう。

テレビのCMなどで、女性が洗顔する際に、「泡立てた洗顔石鹸」を使っている映像をご覧になったことがあると思いますが、あれが大事なんです。

資生堂の「皮脂のプロ」も話されています。

「皮脂は取り過ぎてはだめです。石鹸の泡をしっかりと立てて、その泡で脂を包み込むようにしてください。細かい泡をまずはしっかりと立てて、それを皮膚につけたら、手を使って、その泡を動かすように洗います。垢こすりとかは使わないで、泡と泡で洗う、という感じです。」

とおっしゃっています。

100均でも売られていますが「泡立てネット」を使うと良いですね。

「なら、手が届かない背中はどうしたらいいんでしょうか?」

と質問が聞こえてきます。

背中につきましては、「泡立てネット」の「タオル版」の「泡立ちタオル」というものがスーパーなどでも販売されています。

個人的に、キクロンの「アワスター」は泡立ちと肌触りがおすすめです。

⇒ 「アワスター」商品動画はコチラ

東急ハンズやLOFTなどでも様々な商品を紹介されています。

ボディケアの商品がたくさんありますから機会があればご覧ください。

男性必見! 木村彩乃の『加齢臭を防ぐ顔の洗い方』

2.あなたにあったボディシャンプーを使っていますか?

泡立てて丁寧に優しく洗う事が大切だとわかりましたが、では石鹸はどのようなものが良いのでしょうか?

先ほど30代り体臭は「ペラルゴン酸」が原因になっています。

そして加齢臭は「ノナネール」が原因になっています。

ですから、ニオイの元を断つための石鹸が望ましいです。

「ペラルゴン酸」につきましては、ポリフェノールが豊富なメマツヨイグサ抽出液によって、においが緩和(酸化抑制)されるという報告もあります。

「ノナネール」につきましては、ポリフェノール、柿タンニン、茶カテキン、ミョウバンなどの消臭、殺菌成分が効果的と言われています。

実際に、ご使用される方々の体質等によっても効果は変わりますので、「値段」「香り」「効果」「泡立ち」などの使用感をいくつか試されてみることをお勧めいたします。

また、加齢臭は男性だけのものではありませんから、最近では、女性が使いたくなるような石鹸も数多く発売されています。

これからは家族みんなで使える石鹸を選ばれる方も増えてきていますからご購入の際は合わせて考えてみましょう。

3.正しい食生活をしていますか?

さて、あなたの食事は加齢臭とどのように関係しているのでしょう?

加齢臭は、元が皮脂になりりますから、その皮脂を分泌している元の食事が大切です。

ポイントは2つ

  1. 原料の皮脂なので、皮脂分の多い食べ物の摂取を減らす
  2. 皮脂を酸化させないために、抗酸化作用のある食べ物を多く摂取する

皮脂分の多い食べ物

  • 動物性脂肪の多い食品(バター、生クリーム、チーズ、卵、脂身の多い肉類など)
  • 砂糖、果糖を多く含む食品
  • アルコール
  • 生成された穀物(小麦粉、白米など)
  • 加工食品(パン、麺類、お餅など)
  • 砂糖、お菓子など甘いもの(ケーキ、クッキー、ドーナツ)
  • ジャガイモやジャガイモを使った料理(マッシュポテト、ポテトチップス、フライドポテトなど)

抗酸化作用のある食べ物

ビタミンCを多く含んだ食材

パ セリ、ブロッコリー、芽キャベツ、ししとう、ピーマン、小松菜、ほうれん草、しそ葉、さやえんどう、あさつき、チンゲン菜、わけぎ、葉ネギ、ニラ、春菊、 トマト、アセロラ、イチゴ、キウイ、甘柿、ネーブル、レモン、オレンジ、プリンスメロン、夏みかん、グレープフルーツ、はっさく、みかんなど

ビタミンEを多く含んだ食材

ア スパラガス、アボカド、カボチャ、さつまいも、大根葉、たけのこ、ニラ、ほうれん草、春菊、ウナギ、カレイ、鮭、サバ、サンマ、シシャモ、イクラ、ブリ、 ホタテ、マグロ、キウイ、ブルーベリー、プルーン、玄米、胚芽米、アーモンド、ピーナッツ、コーン油、菜種油、ひまわり油など

βカロチンを多く含んだ食材

かぼちゃ、にんじん、モロヘイヤ、あしたば、春菊、ほうれん草、だいこんの葉、小松菜、チンゲンサイ、など

ポリフェノールを多く含んだ食材

ブドウ、ブルーベリー、リンゴ、イチゴ、バナナ、豆腐、大豆、ゴマ、ショウガ、赤ワイン、ココア、コーヒー、日本茶、など

クエン酸を多く含んだ食材

レモン、ライム、グレープフルーツ、パイナップル、いちご、みかん、キウイ、アセロラ、お酢、梅干し、など

以上のように食べ物による体質改善により加齢臭も改善されていく可能性は大いにあります。

4.正しい生活習慣をしていますか?

生活習慣には食生活も含まれていますが、ここでは食生活以外の注意ポイントについて解説いたします。

基本は活性酸素を減らすことです。

一般的に言われていることは

  • ストレス
  • 紫外線
  • 喫煙
  • 過度な飲酒
  • 食品添加物
  • 大気汚染
  • 激しい運動

などがあげられます。

対処法としては、これもまた一般的な話にはなりますが、

  1. バランスのよい食生活
  2. 規則正しい生活

この2点が最重要ポイントです。

良質な睡眠も大切ですし、普段から笑顔で生活できるように意識することも大切です。

ストレスを心身共にため込まないそんな生活習慣を身につけましょう。

5.洗濯用洗剤の選ぶポイントをご存知ですか?

「加齢臭を劇的に消す裏技5つ」の最後が、洗濯用洗剤です。

ニオイは染み付くものですから、普段からきている洋服もそうですし、睡眠をとる布団などからもまめに臭いをとる工夫をしてあげましょう。

基本は、まめに洗濯することは当然なですが、

「洗濯用合成洗剤+酵素系漂白剤」

を使うと効果てきめんです。

酵素系漂白剤は塩素系漂白剤と違い、ニオイが気になりませんし、手にも優しいです。

酵素系漂白剤を使ったつけ置きも効果がありますよ。

また、特に夏場より冬場のほうが危険度が増しますから注意が必要なので、注意点をまとめておきます。

  • 風呂に入る頻度が減る
  • 体臭を気にしなくなりがち
  • 着替えの頻度が減る
  • 汗臭くなくなる

このような事から、皮脂の分泌は減らないのに、あれだけ気を付けていた夏のボディケア対策がおざなりになります。

すると何が起こるかというと、薄手の下着やTシャツだけでなく、厚手のセーターやフリース、はてはコート、ジャケットまで加齢臭は移るのです。

厚手のものは洗濯やクリーニングに出す機会も少ないですから、繊維の奥深くまでニオイ成分が浸透してしまいます。

そんな状態で満員電車に乗ったらホント最悪です。

冬になると、気を抜きがちですが、冬こそ大切ですから忘れないでください。

クリーニング屋さんの豆知識としてひとつ

クリーニング屋さんでは、汚れを落とすクリーニング方法と臭いを消すクリーニング方法は別のものなんてす。

家でつけ置きして念入りに洗濯したにもかかわらず、ニオイが消えない場合は、「ニオイを落としたい!」とはっきり伝えるようにしましょう。

せっかくクリーニングに出したのに、ニオイが消えていなかったら嫌ですからね。

そもそも加齢臭ってなんでしょう?

加齢臭という言葉が世間に出始めたころ「カレー臭」って思っていた人ってかなりいると思うんです。

「食べ物のカレーの臭い?」「腋臭のこと?」って、「かれいしゅう」という言葉が世に出始めてから色々と想像を広げたものです。

実は、2001年4月に、高齢者の体臭の原因が「ノナネール(C9H16O)」であると、”Journal of Investigative Dermatology”誌に資生堂リサーチセンター研究員の土師信一郎らにより発表され、「加齢により体臭も変化する」という概念を指し示す言葉として「加齢臭」と土師氏らによって名づけられました。

それ以来、「おやじ臭」と呼ばれていた臭いを「加齢臭」と呼ばれるのが一般化され今に至ります。

当初、男性特有のものと思われていましたから、肩身が狭い生活を送った中高年男性がとても多かったようです。

読売新聞の「YOMIURI ONLINE 発言小町」にも、「加齢臭って差別用語じゃないの?」というトビが立つくらい認知されるまで中高年、男性が頭を悩ませたことはいうまでもありません。

しかし、その後、女性にも加齢臭はあるというメディアの情報により少しずつ世間の認識が変わってきました。

また、様々なデオドラント製品が販売されていますので正しいケアをすることが大切です。

そうは言っても、「加齢臭=おやじ臭」に変わりはありません。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセス・ビタミン | イキイキとキレイで素敵な女性でいたい!の注目記事を受け取ろう

加齢臭が鼻をつく

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセス・ビタミン | イキイキとキレイで素敵な女性でいたい!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

以下の関連記事もご覧いただけますと幸いです。

  • 【女性も急増】臭いが変わったら要注意!?ミドル脂臭って?

    【女性も急増】臭いが変わったら要注意!?ミドル脂臭って?