自動運転車の存在と自動運転中の事故に関する責任の所在
  1. TOP
  2. 自動運転車の存在と自動運転中の事故に関する責任の所在

自動運転車の存在と自動運転中の事故に関する責任の所在

アメリカの有名企業でもあるグーグル社がコンピュータ制御で自動運転をする自動車の公道実験の許可を国からもらいました。

つまり、既に人が運転せずに自動運転してくれる自動車は実用段階に入っているのです。

これが実用化されて社会に普及するとどうなるのでしょうか。

現在自動運転中の事故に関する責任の所在を、アメリカ政府が中心になって産業界や保険業界と議論しています。

人が運転していない時の事故は誰に責任を追わせるべきか確かに疑問に思います。

そして、別の問題もあります。

運転しないのですから将来的には免許も必要無くなるかもしれません。

過渡期として自動車は人による運転を必要とするかもしれませんが、技術開発が進めば人が関わるのは行き先の設定だけになるかもしれません。

自動車の免許制度そのものが変わる可能性もあるのです。

免許が要らない乗り物は個人所有する意味が薄れてしまいます。

となると保険は個人でかける物ではなくなる可能性もあります。

そうなれば、公共の機関が補償するようなシステムで自動車事故を考える必要も出てくるでしょう。

全ては予測の範囲ですが、自動車が人間の手を離れれば、多くの不幸な事故は起きなくなるかもしれません。

1秒間に何百回と判断をする事が出来るコンピュータが運転してくれるのならば、人間の反応速度では太刀打ち出来ない程危険に対して反応してくれるでしょう。

自動車事故が少なくなるか、殆ど無くなる社会が来る事は歓迎するべき事だと思います。

自動車保険を見直したい方へ

⇒ 【無料】最大19社の自動車保険の一括見積もりはコチラ

愛車を高く売りたい方はコチラ

車を売るなら、車買取・中古車査定の一括査定を使いましょう!複数の買取専門店に査定してもらえば愛車の買取相場がチェック出来ますよ。少しでも高く売りたいのなら絶対お勧めです!

⇒ 愛車を高く売りたい方はコチラ

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ミセス・ビタミン | イキイキとキレイで素敵な女性でいたい!の注目記事を受け取ろう

自動運転車の存在と自動運転中の事故に関する責任の所在

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセス・ビタミン | イキイキとキレイで素敵な女性でいたい!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

以下の関連記事もご覧いただけますと幸いです。

  • 自動車事故の相手が仕事で運転中の車両は損害額が大きくなる可能性

  • 自動車保険の内需減少の未来

  • 自動車事故で起こる保険を使いたくない人のトラブル

  • 【自動車保険】無保険で交通事故を起こせば損賠賠償で生活は一変!

  • 技術開発による自動車事故の発生率の低下はあるのでしょうか?

  • 自動車保険の保険料が高い理由3選