自動車保険は共済的な多数が一人を助ける構造!?
  1. TOP
  2. 自動車保険は共済的な多数が一人を助ける構造!?

自動車保険は共済的な多数が一人を助ける構造!?

自動車保険は基本的に共済的な構造を持っています。

実際に組合系の自動車保険は共済と称されている場合もあります。

共済とは多くの人が参加してお金を持ち寄り万が一の事が起きた人を共同で助けるシステムです。

自動車保険でもこの事は共通しており、ほとんどの契約者が事故を起こさないか、保険を適用しない事で、一部の保険事故にあった人を助けているのです。

つまり、保険を利用していない大多数の人の存在が無くては補償が出来ないのです。

保険会社はリスクの確率を数字で計算して保険料として決めていますが、前提となる条件があります。

それは加入者の数です。

一定数の加入者が存在しなければ補償が出来なくなってしまいます。

また、元になるリスクの数値は予測値ですので実際の数字がこれを大幅に超えてしまうと必要な加入者の数が変わってしまいます。

こうした前提条件を考えてある程度余裕の持った保険料を設定しているのです。

しかし、余裕を持ち過ぎると保険料が上がってしまい市場での競争力を無くしてしまう可能性もあります。

ですから保険会社は一般的に適用されるリスクと余裕を考えた上で、市場で競争力を持つ保険料を設定する必要があるのです。

保険会社は営利企業ですからこの上に利益を乗せて稼ぐ必要もありますが、社会的な責任があるので公共性の強い企業とも言えます。

その意味で国の監視下にあり責任をまっとうするように義務付けられている企業でもあるのです。

自動車保険を見直したい方へ

⇒ 【無料】最大19社の自動車保険の一括見積もりはコチラ

愛車を高く売りたい方はコチラ

車を売るなら、車買取・中古車査定の一括査定を使いましょう!複数の買取専門店に査定してもらえば愛車の買取相場がチェック出来ますよ。少しでも高く売りたいのなら絶対お勧めです!

⇒ 愛車を高く売りたい方はコチラ

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ミセス・ビタミン | イキイキとキレイで素敵な女性でいたい!の注目記事を受け取ろう

自動車保険は共済的な多数が一人を助ける構造!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセス・ビタミン | イキイキとキレイで素敵な女性でいたい!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

以下の関連記事もご覧いただけますと幸いです。

  • 知ってましたか!?車両保険の免責の適用のメリットとデメリット!

  • 【人身傷害保険とは?】契約者と家族の命や健康に対する損害を補償

  • 【自動車保険】無保険で交通事故を起こせば損賠賠償で生活は一変!

  • 自動車保険契約での街の保険屋とネット保険の違いとは?

  • 自動車保険の利用者限定のメリットと注意したいポイントとは?

  • 若者の車離れは自動車保険会社には厳しい時代