1. TOP
  2. 気力不足・体力不足の女性のホルモンを増やす10の心得!

気力不足・体力不足の女性のホルモンを増やす10の心得!

出不精で面倒くさがりの家に引きこもりがちな人は一般的なホルモン分泌にイエローカード!

日ごろの便利な生活に甘んじていると「干物化」するだけじゃなく体調を崩す原因になっちゃいますよ!

1.現代の若い女性に増えている干物化の原因はこれだった!

現代の若い女性に増えている干物化の原因はこれだった

バブル期を知っている女性たちよりも若い世代の女性たちに干物化は押し寄せています。

先が見えず、長引く不況に育った女性たちに多く見られるタイプです。

干物化の原因は

  • 無気力
  • 無感動
  • 無関心

と言われています。

干物化から脱出するためにカギを握っているホルモンとは?

あなたは大丈夫ですか?

万が一干物化(無気力・無感動・無関心)を自覚しているのならこちらで紹介する3つのホルモンがカギを握っています。

これから説明する3つのホルモンの分泌が程よくバランスが取れている事で女性ホルモンや自律神経のバランスも整ってくるのです。

快楽をもたらすホルモン「ドーパミン」

興奮した際に分泌される神経伝達物質がドーパミンです。

  • 気持ちが良い
  • 楽しい

などの感情を生み出しドーパミンが分泌されると

  • 集中力をもたらす
  • やる気を起こさせる
  • 元気になる
  • アイデアやひらめきが起こりやすくなる
  • 目力が強くなる
  • 魅力がアップする

このような作用が表れてきます。

どこかで、聞いたような覚えはないですか?

ドーパミンは、過剰に消費するようになると、幻覚や幻聴、妄想などが生じるようになり精神分裂病によく似た症状が出てきます。

つまり、「覚せい剤」と、とても良く似た症状が現れることがあります。

なので、人の体はその分泌を制御させる力も持ち合わせているのです。

覚せい剤は、その制御機能を完全にマヒさせて暴走させてしまいますので覚えておきましょう。

ドーパミンの分泌が少なくなると

  • 意欲が低下
  • 無表情
  • 筋肉が動かしにくくなる

などの症状が出てきます。

いわゆる「パーキンソン病」は、このドーパミンが少なくなる事が原因です。

先日他界された、永六輔さんもパーキンソン病だったという事は有名ですね。

癒しをもたらすホルモン「セロトニン」

落ち着きと安定感をもたらす際に分泌される神経伝達物質がセロトニンです。

セロトニンは他の神経系と連携しているため重要な役割を広い範囲にはたしています。

他の神経系に抑止的に働いていますから

  • 過剰な興奮を軽減してくれます
  • 過剰な衝動を軽減してくれます
  • 抑うつ感を軽減してくれます

つまりセロトニンが不足すると

  • うつ状態になります
  • 暴力的になります

とても大切な乳幼児期に、安全な生活環境に無かった場合、セロトニンの分泌能力が少ないと言われ、長期間においてストレス環境にいるものも枯渇されてしまう事もあります。

様々な犯罪(殺人・殺人未遂)や自殺未遂を起こした子供や成人は、セロトニンの濃度が低いことも確認されているくらいです。

また、セロトニンの多くが小腸で作られ、消化にも大きくかかわっています。

腸内環境が悪いとセロトニンも作られにくくなるのです。

腸内環境を整えることも大切なのです。

興奮のホルモン「ノルアドレナリン」

闘争心、集中力、積極性をもたらす際に分泌される神経伝達物質がノルアドレナリンです。

逆に

  • 過度の緊張
  • 過度の不安
  • 恐怖
  • 怒り

を感じた時にも分泌されます。

ノルアドレナリンが適度に分泌されているときは、快活で明るく元気な生活を送れますが、いざ足らなくなると、

  • 無気力
  • 無感動
  • 無関心

の低下を招くのです。

PTSDのベトナム帰還兵は尿中のノルアドレナリン濃度が慢性的に高いので現在に至るまで攻撃的で戦闘態勢のままでいる人が多いというデータもあるくらいです。

現代女性は3つのホルモンが不足気味?

このように、とても繊細なホルモンですが、

  • 感情
  • 行動

これらにメリハリのあることが大切なのです。

ですから、

  • 便利で楽ちんな生活を望む
  • 刺激や新鮮さをあまり求めない
  • 意欲的にならない
  • 何かに執着することがない
  • 緊張しない
  • 興奮しない
  • 生活にメリハリがない

このような状態を続けていると間違いなく3つのホルモンは低下します。

その結果、

  • 無気力
  • 無感動
  • 無関心

を生み出しますので今一度ご自身の生活を振り返ってみましょう。

2.だらだらマッタリの出不精がオンナ度を下げている

だらだらマッタリの出不精がオンナ度を下げている

あなたは「出不精オンナ」ですか?

「平日、仕事と家事で疲れたから土日くらいは家でゆっくりさせてよ―――」

こんなこと言ったりしていませんか?

まっ男性がよく言っていたセリフを今では女性も使うことが増えてきているようです。

疲れ切っている中で出かけることはないですが、中には出不精が当たり前になってしまっている人が実に多いです。

これは体を休める行為というより、度を越してしまうと逆に体に悪影響を与えてしまいます。

だって出かけるのが面倒くさいじゃないですか~

おもしろいより面倒だって気持ちが先に来ている人は要注意!

  • 時間がない
  • お金がない
  • 出かける余裕がない
  • とにかく面倒

このような人は確実にドーパミン不足に陥ります。

つまり、女性ホルモンを崩す恐れがあるのです。

せっかくお友達からお誘いがあっても、断り続けていたら時期に誘いはなくなります・・・。

出不精は負のスパイラルにはまると社会性無くしますよ

なんでもそうですが悪い習慣は習慣化してしまうとそこから抜け出すことはほぼ無理です。

あーあっ出かけるの嫌だなー

出かけないで家で済ませちゃオットォ!(・ω・ノ)ノ

家に居るからお肌の手入れはしないでいいや

なんかムダ毛処理も面倒だわ

身支度するのも面倒だからドタキャンしちゃオットォ!(・ω・ノ)ノ

かなりヤバイ女性になっています

本来、男性より社交的で、共感・協調の生き物なのでこんな生活をしていると確実に女性ホルモンのバランスは崩れます。

もしあなたが該当者なら今から改善しましょう!

 

3.買い物はすべてパソコンかスマホじゃないでしょうね?

買い物はすべてパソコンかスマホじゃないでしょうね?

正月の三が日はお店がどこもお休みというのはホントずいぶん昔のお話になりました。

実店舗でさえコンビニは24時間やっていますし大手のスーパーだって24時間の店舗が多数あります。

インターネットを使えば、買えないものがないと言われるほどなんでも変えてしまいます。

昔は、

「お兄さんこの魚もう少し安くしてヨォォ━(゚∀゚*)ノ━ォォォ!!!!」

「いやいや、奥さんこの魚は極上品だからこれが精いっぱいだよ」

などという、いわゆる、アメ横の買い物風景が日本国内いたるところで見られました。

そこには人と人の触れ合いが存在し、ドーパミンも程よく分泌されるような買い物が出来たのです。

ところが今は、パソコンやスマホで買えちゃいますから、人との接点がありません。

なので感情の起伏が表れることも限りなく少なく、あまりにも感情が平たん過ぎるため、買い物特有の刺激がなくなってしまうのです。

つまり女性ホルモンの分泌にも影響しバランスが崩れてしまう恐れが高いのです。

あまり、楽な事への依存をしないように、たまには外出して人と触れ合いながらの買い物もしてみましょう。

4.セックスから遠ざかるセカンドバージン急増中!

セックスから遠ざかるセカンドバージン急増中!

ご夫婦でしたら、いわゆるセックスレス!

あなたは、ご主人と前回セックスしたのがいつだったか覚えていますか?

かなりの時間がたっていますか?
もうとにかく面倒くさいですか?
セックスはそんなに気持ちよくないって思っていますか?
時間がとられるだけでメリットは全然ないですか?

1~2年間セックスレスのご夫婦はたくさんいらっしゃいます。

3年たてば5年も10年も一緒ですよね。

したくもないのにするセックスほど苦痛なものはないですから、わざわざストレスを抱える必要もありません。

セックスしたからと言って女性ホルモンが分泌されることはありませんしね。

しかし・・・

セックスをすることで、快楽ホルモン「ドーパミン」やウットリ恍惚ホルモン「セロトニン」の分泌は促されるのです。

つまり、ホルモン的に日常生活の中で得られない興奮・刺激をセックスから得られるわけです。

このことから、

  • 体調が整う
  • 感情の起伏にメリハリがつく
  • 人間的な魅力が増す

このような可能性がたくさんあるのです。

ただ「やりたくない」「面倒くさい」という理由だけでせっかくの良い機会を逃す手はないのではないでしょうか?

一度セックスレスについて考えてもいいと思いますよ?

5.あなたのメイク何年同じですか?

あなたのメイク何年同じですか?

結婚して子供が出来てしまうと育児子育てに時間が割かれ、徐々に化粧をしなくなる女性も多いかと思います。

致し方ない面もありますが、そのような女性はここ結構ポイントですから何度も読み返してください(。・ω・)σネ

また、長年ずーーーっと同じ化粧しかしない人。

このような人もちょっと考えものです。

「ドーパミン」「セロトニン」「ノルアドレナリン」を活性化させる意味では流行のメイク法を取り入れたほうが好奇心も出てきますから、「心のアンチエイジング」にとても役立ちますよ。

メイク同様、身だしなみも大切です。いつも同じものを着たりいつも同じ髪型だったりだと干物化まっしぐらですよ。

ご主人はさておき、男性目線を気にしなくなったり、更には同性の視線さえも気にしないようですと本物の干物化ですから、そうならないためにも、まずは身だしなみから変える努力を始めましょう。

6.あなたの口癖に「まっ、いっか」がある女性は干物化かも!?

あなたの口癖に「まっ、いっか」がある女性は干物化かも!?

あなたの口癖に「まっ、いっか」はありませんか?

電車に乗っていて、バスに乗っていて、繁華街を歩いていて、デパートの中で。

窓ガラスや、鏡に映った自分を見てショックを受けたことはありませんか?

あなたはどちらのタイプでしょう??

「このままじゃ(lll゚Д゚)ノ【ヵナリヤバイ。】」

それとも

「まっ、いっか(;^ω^)」

後者と思った人は干物化の傾向がありますから気を付けてください!

また、よくありがちな、宴会での失態・・・。

1位 吐いた
2位 寝込んだ
3位 相手に絡んだ
4位 怪我した
5位 脱いだ

とある意識調査の結果ですが、この失態を失態と思わなくなって「まっ、いっか」と思っている方は要注意!

恥じらいがなく、許容範囲が広くなっているあなた!着々と干物化は進行していますよ!

7.ご主人が出張で留守の時に「ひとり飲み」「ひとり晩酌」してませんか?

ご主人が出張で留守の時に「ひとり飲み」「ひとり晩酌」してませんか?

独身女性の「ひとり飲み」「ひとり晩酌」が広がる傾向にありますが、ミセスの間でも広まりつつあります。

あなたはどうですか?

家事を済ませ、缶ビールをプシュッと開けて飲んでいませんか?

お風呂上りに、発泡酒やチューハイをプシュッと開けて飲んでいませんか?

はじめは、1本だった生活が、2本になり3本になり、深酒傾向にありませんか?

飲酒が当たり前の生活になりだすと、ドーパミンが暴走しだすので気を付けてくださいも!

深酒のデメリット

適度な量ならリラックス効果のあるお酒ですが、飲み過ぎや習慣化されてしまうとデメリットが多いもの。

「酒は百薬の長」ですがデメリットも知っておいてください((ネ´∀`))b

  • 薄毛、肌荒れになりやすい
  • 疲れやすくなる
  • 口が臭くなりやすい
  • 失態をしてしまう
  • 生活習慣病になりやすい
  • 脳の病気になりやすい
  • 妊娠、赤ちゃんの健康に影響
  • 睡眠の質が低下する
  • 翌日の効率が下がる
  • 中毒性と依存性がある
  • 自律神経を乱す
  • 眼の下のクマを作る

飲み過ぎは美容の大敵です

薄毛でお困りでしたら下の記事も、とっても役に立つかもしれません!

⇒ 薄毛・抜け毛解消のチャンスはココ(^^♪

\ SNSでシェアしよう! /

ミセス・ビタミン | イキイキとキレイで素敵な女性でいたい!の注目記事を受け取ろう

現代の若い女性に増えている干物化の原因はこれだった

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセス・ビタミン | イキイキとキレイで素敵な女性でいたい!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

以下の関連記事もご覧いただけますと幸いです。

  • 【見た目年齢】女性ホルモンと見た目年齢の関係とは?

    【見た目年齢】女性ホルモンと見た目年齢の関係とは?

  • 【エクオールサプリ】女性特有の不調を緩和するエクオール

    【エクオールサプリ】女性特有の不調を緩和するエクオール

  • 美人になる

    【誤解?】美人になる決め手!女性ホルモンどれだけ知ってますか?