1. TOP
  2. 大手脱毛エステ「エターナルラビリンス」に一部業務停止命令下る!

大手脱毛エステ「エターナルラビリンス」に一部業務停止命令下る!

「ミセス・ビタミン」でも指摘していた脱毛サロンの価格表示に対して、業務停止命令が下りましたね。

テレビメディアによる取材報道によると

  • 月額9500円で18回の契約にもかかわらず50万を超える契約金だった
  • 月額9500円で18回の契約に17万円超の一括支払いで契約するよう勧誘
  • 契約後に解約を店舗に申し出たにもかかわらず解約が出来なかった
  • 消費者庁から店舗や本社に警告したことで解約できた
  • 2012年度以降、全国の消費生活センターに500件以上相談が寄せられた

これらの事が報道されていましたが、契約者の確認不足があるものの、脱毛サロン「エターナルラビリンス」の表記や説明が相変わらずずさんだったのでしょう。

大手脱毛エステ「エターナルラビリンス」に一部業務停止命令下る!

 

 

テレビの取材に応じていた女性の話を分析してみると・・・。

 

今回の事で言えば、回数は18回の契約なので

9500円×18回=171000円

となるはずのところが

50万を超えていた人もいたそうです。
このからくりは恐らくこうです。

脱毛サロンでの施術については毛周期の個人差や脱毛器の機能によっても変わりますが、

「エターナルラビリンス」について言えば、3か月ごとに施術する契約となっていたのでしょう。

総施術回数は18回ですけど、18回目が完了するまでに

18回×3か月(毛周期)に1回=54か月が必要になるのです。

つまり、

月額9500円×54か月=513000円となります。

消費者庁へ泣きついたひとりは、テレビ局の取材のモザイク映像の中17万のはずが50万を超えている契約になっていたと答えていました。

この計算式を見ると間違いはなさそうですよね。

 

中には一括払いなら171000円という話もあったようです。

 

「エターナルラビリンス」としては、ある意味、「見せしめ」と言わざる負えないとも思いますがやり過ぎたのでしょうね。

 

脱毛サロンによっては、一括支払いの場合と、分割払いの場合で、支払総額がかなり違うと言ったこともあるようなので、契約する際には慎重にしたいものです。

「エターナルラビリンス」の広告塔が「矢田亜希子」さんから、今、SMAPで話題のジャニーズの人気アイドル「山下智久」さんを起用し、売り上げ拡大を考えたのでしょうが9か月の新規開拓停止処分はかなりの痛手となりそうです。

契約時・勧誘時には「予約は1カ月に1回は必ず取れる」「他社と比べて予約が取りやすく、いつでも好きな時に通える」などを強調していたにもかかわらず、設備やエステティシャンの数が十分ではなく、ローンは支払っているのに、予約が取れないという被害が相次いで消費者庁に寄せられました。

その数は、2012年度以降、全国の消費生活センターに500件以上、寄せられたといいます。

消費者庁は24日、脱毛エステ店を全国展開する「グロワール・ブリエ東京」(東京都港区)に対し、新規の会員勧誘や契約を8月25日から来年55月24日までの9カ月間、勧誘や契約などの業務を停止するよう命じました。

 

【You Yube】NHKニュース

脱毛エステサロンに9か月の一部業務停止命令 消費者庁

※動画が削除されましたので、記事のみ引用として残させていただきました。

 

2016/08/24 に公開
全国で脱毛エステティックサロンを経営する東京の会社が、勧誘の際、実際には予約を取るのが難しい状態なのに、「予約はすぐに取れる」と説明していたなどとして、消費者庁はこの会社に対して、勧誘など業務の一部を9か月間停止するよう命じました。
業務停止命令を受けたのは、全国で脱毛エステティックサロン「エターナル・ラビリンス」を経営する東京・港区の「グロワール・ブリエ東京」です。
消費者庁によりますと、この会社は脱毛エステのサービスを勧誘する際、実際には提供できるサービスに比べて会員数が多く予約を取るのが難しい状態なのに、「予約はすぐに取れる」などと説明していたということです。
また、全身脱毛の料金についてホームページなどで、「月額9500円」とうたっていることについて、消費者庁は長期にわたるコースの料金を一括で支払った場合の1か月当たりの金額にすぎず、実際には、17万円以上かかるコースの勧誘などを行っていたとしています。
消費者庁は、こうした勧誘方法は「不実告知」や「虚偽誇大広告」に当たり、特定商取引法に違反するとして、グロワール・ブリエ東京に対して25日から9か月間、勧誘など業務の一部を停止するよう命じました。
消費者庁によりますと、この会社はおよそ70の店舗を全国に展開し、去年9月までの1年間におよそ40億円の売り上げがあったということです。
一方で勧誘方法などをめぐって、全国の消費生活センターにはこの10年余りの間に600件近い相談が寄せられているということです。
グロワール・ブリエ東京は、NHKの取材に対して、「担当者がいないためコメントできない」としています。

出典 : YouTube

 

 まとめ

脱毛サロンに限らず、昔からエステサロンはこのような話はつきものです。

その度に、少しずつ改善がなされていますので、「エターナルラビリンス」同様の価格表示をしているお店は早急な改善が待たれます。

脱毛サロンの各種情報を知りたい方へ
多店舗展開をしている脱毛サロンの情報を脱毛サロンごとにまとめています。以下のページも参考にして頂けると幸いです。

■全身脱毛を売りにしているサロン
キレイモ 脱毛ラボ ラットタット 銀座カラー ラ・ヴォーグ
■脱毛初心者向きの格安キャンペーンがあるサロン
ミュゼプラチナム RinRin

\ SNSでシェアしよう! /

ミセス・ビタミン | イキイキとキレイで素敵な女性でいたい!の注目記事を受け取ろう

大手脱毛エステ「エターナルラビリンス」に一部業務停止命令下る!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセス・ビタミン | イキイキとキレイで素敵な女性でいたい!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

以下の関連記事もご覧いただけますと幸いです。

  • 永久脱毛

    【保存版】永久脱毛ウソホント!ニードル脱毛・医療レーザー脱毛