1. TOP
  2. 【ワコール】ブラリサイクル2016不要ブラジャーの処分は回収へ

【ワコール】ブラリサイクル2016不要ブラジャーの処分は回収へ

株式会社ワコールは、2008年から取り組みを始めた「ワコール ブラ・リサイクル」を、2016年11月1日(火)から2017年3月31日(金)までの間、国内の百貨店、下着専門店、ワコール直営店およびグループ会社を中心に合計約800店舗で実施します。

【ワコール】ブラリサイクル2016不要ブラジャーの処分は回収へ

このキャンペーンは、“ブラジャーの劣化”や“からだに合わなくなった”などの理由で不要になったブラジャーを回収し、「RPF」と呼ばれる環境にやさしい産業用固形燃料にリサイクルする企画です。専用の回収袋「ブラ・リサイクルバッグ」に、不要なブラジャーを入れてお客様にご持参いただき、店頭で回収します。

前回より、実施時期を2月12日(ブラの日)から4月22日(アースデイ)の約2ヶ月間から、現在の期間に変更。お客様からは“年末の大掃除や新生活の準備など、タンスを整理する時期にあわせて参加しやすい”というお声をいただき、今回も年末年始を含む2016年11月から2017年3月までの5ヶ月間実施します。

この活動を通して、お客様が捨てにくいと感じているブラジャーを回収・リサイクルすることで、お客様とともに身近な環境活動に取り組んでいきたいと考えています。
(ワコール ブラ・リサイクル キャンペーンサイト:http://www.wacoal.jp/braeco/

Sponsored Link

「ワコール ブラ・リサイクル」実施の背景

株式会社ワコールは、自社の環境方針に基づき、さまざまな環境活動に取り組んでいます。その一環として、お客様にご愛用いただき不要になったワコール製品の取り扱いもメーカーとしての重要な責務と考え、自社で販売したブラジャーの回収・リサイクルを2008年2月から開始し、今回で10回目の実施になります。

2012年からは他社のブラジャーも回収を始め、累計で約1,413,900枚(回収重量からの推定枚数)を回収し、約141.39トンの産業用固形燃料「RPF」にリサイクルすることができました。

 「ワコール ブラ・リサイクル」概要

リサイクルの流れ

①実施店舗で「ブラ・リサイクルバッグ」を受け取る
②家でブラジャーをチェックし、リサイクルするブラジャーを選別
③リサイクルするブラジャーをバッグに入れて、しっかりと封をする
④回収実施店舗へ持参し、販売員に渡す
⑤店舗からワコール流通センターに届けられ、処理工場に運ばれRPFになる
⑥加工されたRPFは製紙会社等に販売され、補助燃料として有効に使われる

* 「ブラ・リサイクルバッグ」は、密封された(お客様から受け取った状態の)まま、開封せずにワコールの流通センターに届けられます。加工はワコールが契約した処理業者で行い、全ての工程が「ブラ・リサイクルバッグ」に入ったままの状態で行われます。

回収商品

ワコール製のブラジャー、他社製のブラジャー

実施期間

2016年11月1日(火)~2017年3月31日(金)

実施店舗

国内の百貨店、下着専門店、ワコール直営店およびグループ会社を中心に合計約800店舗
(※実施店舗詳細は公式サイトから http://www.wacoal.jp/braeco/

回収袋

専用の回収袋「ブラ・リサイクルバッグ」は、1袋にブラジャーが6枚程度入る大きさです。

回収目標

お客様からのご協力のもと実施するものであり、回収枚数の目標は設定していません。

プレスリリース詳細へ

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセス・ビタミン | イキイキとキレイで素敵な女性でいたい!の注目記事を受け取ろう

【ワコール】ブラリサイクル2016不要ブラジャーの処分は回収へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセス・ビタミン | イキイキとキレイで素敵な女性でいたい!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

以下の関連記事もご覧いただけますと幸いです。

  • ◇SP(シュガーピンク) お天気の良い休日の朝

    【田中里奈×アンフィ】下着セレクトショップ「アンフィ」から登場

  • 勝負下着※20代・30代・40代女性「勝負下着」の使い分け事情

    勝負下着※20代・30代・40代女性「勝負下着」の使い分け事情